俺は会社を5年以上、経営者として運営してきた。ここではそんな経営者の本音という事でいろいろと書いていきたいと思っている。今回俺の会社は銀行から金を借りることも出来ず、資金繰りに困り果てて、何とかファクタリングにたどり着いた運の良い経営者だと思う。ファクタリングにたどり着かなければ、遅かれ早かれ、従業員への給料の支払いがストップしたり、運転資金が底をついて黒字倒産をするところだった。これは良い反省点としてしっかりと受け止めようと思う。経営者というと社長。回りからは社長=金持ちと誤解をされる事が非常に多い。俺から言わせてもらえば、社長で金持ちの人なんてごく一部だと思う。ただ運転資金が回っている間は使える金があるだけで、それは会社の金だし、実際には使って売上をあげる金である。でも社長をやっていると、いろいろな付き合いがあるのも事実で、飲み会の場で金を使ったり、高級車に乗ったりしないといけない体裁のようなものに縛られる事も多いんだ。見栄だね、はっきり言って。何で高級車がいるのか、何で高級時計がいるのか。わかっていても会社の金が回っている間は使ってしまうものだ。これが経営が悪化をするとしっぺ返しのように重くのしかかる。
ただ社長同士であったりすると、俺だけみすぼらしい格好をしているわけにもいかないし、回りから「社長のところは儲かってそうですよね!」って思わせないといけないという部分も正直ある。本当は儲かってないのに。資金繰りが大変なんていう姿は微塵でも見せるわけにはいかない。そうなると、不必要な金の使い方をするようになってしまうのが普通の社長、経営者だと思う。本当の金持ちはそんな事はしないのにな。わかっていても小物はこんな事をしたがるんだよ。俺も一時期は本当に変だったな。一晩で100万円も飲み代に使ったり、高級外車を乗り回したり。それでも利益は出ていたから何も考えずに経営をしてきた。売上を増やせば良いんだろ?と自分に言い聞かせながら。簡単に言うと経営者ではなく、ただのプレイヤーだったんだな。俺は。そんなくだらない金を使っていたせいで、結局会社の資金繰りを悪化させる事に繋がったのだと思う。今では反省をしている。何とか間に合って良かったって本当におもうよ。でも仕方がないっていう気持ちもわかって欲しい。これが経営者として、社長としての本音かな。