俺の会社は創業から5年が経過している。ここまで死ぬ気で頑張ってきたが、年商としては約2億円ほど。小さい会社の割りには売上はそれなりに頑張ってきたな、と相方といつも話しをしている。ただ資金繰りが悪いだけ。これに気づくのが本当に遅かった。もっと会社の金をしっかりと把握しておけば、使い込みがあったところで何とか凌げたはずだった。まー今更言っても仕方ないから、とにかく今は金をどうやって用意するか。話は変わるが会社の年商と銀行からの融資ってどんな関係があるか知ってるか?バランスシートって言う会社の指標を表すような書面があるのだが、このバランスシートが崩れていると年商がいくら高くても簡単には金は貸してくれない。経営内容と今後の事業計画の信憑性が一番銀行が知りたい部分と言うわけだ。だから売上が高いからと言って銀行がどんどん金を貸してくれるわけではないという事は知っておいた方が良いな。車屋なんかだと単価が高い商売をしているから年商数億なんて簡単にいく。でも実際には赤字、もしくは微益なんていう事もよくある話だ。
ただ日本の政策の中でマイナス金利を採用した事によって、銀行としては出来れば融資をしたいと思っている。こういう政策の背景からも以前よりは貸し渋りは少なくなったと言われている。俺の会社でも税金の滞納さえ消えればそれなりの金は貸してもらえるという事は銀行も言っているが、その税金が払えないんだよな。税金は後からボディブローみたいに来るから怖い。儲かっている時の分が儲かってない時に請求が来る。これで飛んじまう会社って本当に多いんだよな。税金で会社が倒産する。これ、本当に多いんだよ。