何度も名前を出しているが俺の会社を立ちなおせる事が出来たファクタリング。このファクタリングを知ったのは銀行の担当者からの一言だった。「社長の会社は売上がしっかりとしているから融資は無理ですが、ファクタリングを使って税金だけでも消すのはどうですか?そしたら銀行として融資できますよ」という事を言われた事からファクタリングの存在を知った。詳しい内容は請求書を送ってある売掛金や納品済みの売掛金を、請求書や納品書、取引先の信用調査などを行う事で、その売掛金を買ってくれるというものだ。ファクタリングを利用する事によるメリットは沢山あると言う。銀行マンが教えてくれたファクタリングのメリットとしては、ローンではない為、社長がブラックの場合でも資金は調達出来る、税金の滞納は関係なし、取引先が倒産しても俺の会社へ請求が来る事はない、資金繰りが解消される、などなど思った以上に俺のような会社には最適な金の集め方だと思う。まーもちろんメリットばかりじゃないけどな。ファクタリングはファクタリングを間に入って行う企業がある為、そこに手数料という報酬を支払う必要が出てくる。だから売上が減って戻ってくるというわけだ。売上が減少するって事だな。だから資金繰りがしっかりとしている会社は使う必要がないのかもしれない。それを銀行マンに聞いたところ、実は資金繰りがしっかりとしている企業でもファクタリングを使っている大手企業などは沢山あると言う。理由が分からないので銀行マンに「なんで資金繰りがしっかりとしているのにわざわざ売上金を減らす必要があるんだ?」と聞いてみた。回答としては、取引先が倒産した場合のリスクヘッジとしても使っている言う。なるほどね~取引先が倒産したらその売掛金は回収出来ないもんな。しっかりしているところはすべてがしっかりとしてやがる。
かなり勉強になる話しだった。俺らももっと金の管理に力を入れていかないといかんな、と相方とも話をしたところだ。売上を上げる事だけを考えて突っ走ってきたのも事実だから、これからはこれを機会にしっかりと資金管理をしていく約束をした。話を戻すが、ファクタリングという資金調達の手段を使う事で、今の俺らの会社にはメリットの方が大きいという事がわかった。売掛金自体はかなりしっかりとしている為、少なからず資金は調達出来るであろうという事だ。もうこのファクタリングに乗るしかない。まずは銀行が紹介してくれたファクタリング業者と打ち合わせをする流れになった。果たしていくらぐらい金が用意出来るものだろうか。