俺の会社でもそうだったが、とにかく現金がすぐに欲しい、と思う事が多々ある。そう入っても銀行で借り入れをする時でもすぐに!という訳にはもちろんいかない。俺も一日でも早くキャッシュが欲しいと考えたことはあるが、会社で運転するキャッシュの為、そんな簡単に用意をする事は難しいに決まっている。一番早い資金調達であればノンバンクだろう。ノンバンクでは電話である程度の話をして、審査OKが出れば取りに良く事も出来る為、即日現金化も夢ではない。俺も一度は考えたが、税金が滞納されている事からノンバンクでも融資を断られたので実際には借りる事は出来なかった。あとは銀行が勧めて来るカードローン。これもかなり早くキャッシュを作ることが出来る一つの方法だ。ただカードローンというだけあって、限度額は500万円前後が普通だと言う。俺は個人的な信用には問題はない為、500万円はカードローンを使ってキャッシュを作った経験がある。ただし結局のところ、金利が高い為500万円でも経営を圧迫する経験もした。出来れば当然だが金利の低いところで融資を受ける方が良い。まだ融資を受けられるうちは良いのだが俺の会社のように税金滞納などが出てしまうと融資を受ける事すら出来なくなる。こうなってしまってから融資を考えても仕方ないから、俺のようにファクタリングを使う事も一つの資金集めとして覚えておくのが良いと思う。実際に俺の会社はこのファクタリングで再生することが出来た。教えてくれた銀行マンには本当に感謝しているし、今までの経営を考え直す良いきっかけにもなった。ファクタリングの詳しい内容については、他のところで書いてあるので参考にして欲しい。まずは売上をあげる、そしてしっかりと資金繰りを考える、この2つは経営者ならばやらなくてはいけないと再認識させられた今回の出来事だったとつくづく思う。